このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨシムラ、ミブ、レオビンチ・・・マフラーメーカーをまとめてみた

マフラー まとめ

今回はバイクパーツの中でも特にインパクトのあるマフラーに絞って、各メーカーの特徴をまとめてみました!
各メーカーの名前にマフラー商品がリンクしているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ヨシムラ(EU Yoshimura)のマフラー

ヨシムラ マフラー

ヨシムラのマフラーは、選んだら間違いない!手堅い一品です。

ヨシムラは日本を代表するバイクパーツ開発メーカーで、
「ポップヨシムラの4ストロークチューナー」はもはや伝説です。

ヨシムラのマフラーは音に特徴があると言われています。
低音がズシンとひびく排気音が特徴で、音はかなりデカイ!
パワフルなマフラーがヨシムラのマフラーなんです。

ミブ(MIVV)のマフラー

ミブ マフラー
ミブのマフラーはデザインがとってもクール!
バイクに搭載したら、一見してミブだと分かる、特徴的なデザインです。

ミブのコンセプトは最高の性能と美しいデザインの両立です。
デザインに力を入れているマフラーメーカーって、そうそうないんですよね。

マフラーのデザインで他の人と差をつけたい人にはもってこいのマフラーが、ミブのマフラーなんです!

アクラポビッチ(Akrapovic)のマフラー

アクラポビッチ マフラー
世界ナンバー1!
もはや説明不要の超一流メーカーです。
バイクの性能を最大限に引き出すために惜しみない製品開発を行う、非常にこだわりのあるマフラーメーカーです。

エギゾーストノートにこだわりのある人には、アクラポビッチは非常に優れたマフラーと言えるでしょう。

レオビンチ(LeoVince)のマフラー

レオビンチ マフラー
一時期生産が止まっていたレオビンチのマフラーですが、この度めでたく再販となりました。
「安くて、キレイ」がレオビンチの特徴です。
また耐久性も高く、レース用バイクにも搭載されるなどタフなマフラーがレオビンチのマフラーです。
※現在、納期にお時間をいただく場合がございます。

アロー(Arrow)のマフラー

アロー マフラー
「マフラー界のユニクロ」が、このアローのマフラーです。
アローのマフラーは、主にレース仕様で使われることが多く、それらの人たちに多く愛されています。

マフラーをまとめてみた

こうやって各メーカーのマフラーをまとめてみましたが、どのメーカーも個性豊かな特徴を持ってますね!
マフラーに関しては、海外メーカー勢が強いため、ここはぜひヨシムラのような国内マフラーメーカーにがんばってもらいたいところです!

あなたのバイクに最高のマフラーを搭載しましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事