このエントリーをはてなブックマークに追加

人気No.1のフロントフォークといえばオーリンズ!

オーリンズ フロントフォーク

オーリンズ
「サスペンションと言えばオーリンズ」というくらいオーリンズのフロントフォークは大人気!
オーリンズのフロントフォークを純正品と交換すると、取り回しの段階から違いを実感できるはず。
そんなオーリンズですが、今回はオーリンズのフロントフォークがなぜ評価が高いのか、その理由をまとめてみました。

フロントフォークが人気なワケ1 オーリンズゴールド

オーリンズのフロントフォークと聞いてまず思い浮かべるのが、ゴールドに輝くそのフォルムでしょう。

ひと目でオーリンズだと分かるゴールドアルマイトのアウターチューブはまるで管楽器と見まごうほどの美しさです。
実際のところ、オーリンズのフロントフォーク愛用者には、デザインの美しさを導入の理由に挙げる人がけっこういます。
そして、ゴールドカラーの下に隠されているものは、計算しつくされたチューブ厚によって生み出された、高度な剛性と軽量化の絶妙なバランスです。

フロントフォークが人気なワケ2 インナーチューブ

アウターチューブがアルマイトなら、インナーはチタンコートです。こちらも丁寧な下地処理が行われて、フリクションロスを最低限のレベルにまで低減しています。

フロントフォークが人気なワケ3 ツインチューブ仕様

ツインチューブ(TTX機構)もオーリンズのフロントフォークの定評ある特徴です。

従来のシングルチューブは、チューブ内の1つの油室の中でピストンが上下するため、どうしても内部負荷がかかります。対してツインチューブでは、チューブが2重構造となって2つの油室ができあがり、ピストンの際にはオイルがチューブ全体をスムースに巡回します。

そのため、シングルチューブにくらべてキャビテーション(圧力差による泡の発生)が起こりにくくなり、それが結果として、応答性に優れるという特性を実現します。

フロントフォークが人気なワケ4 正立フォークのリニューアル

モーターサイクル界においては、フロントフォークは倒立タイプ一色と言っても過言ではないくらいですが、日常のストリートでは作動性に優れ構造も簡単な成立フォークがやはり有利です。
オーリンズでは正立ならではの長所を生かすべく、いちから設計をやり直し、その結果、インナーチューブとアウターチューブの接面部分を改良して剛性を向上させるなど、これまでの成立チューブの常識を打ち破るモデルを生み出しました。

フロントフォークが人気なワケ5 ラインアップがとっても豊富!

オーリンズのフロントフォークはバイクメーカー別に適合ラインアップが用意されています。車種ごとの専用設計となっていますので取り換えがカンタンです。

トップブリッジはハンドルステムを交換する必要もありません。

オーリンズユーザーの声

愛車のフロントフォークを純正品からオーリンズ製に交換したライダーの皆さんから寄せられた感想です。

・無理なくコーナーへ進入できるようになった。
・上り坂走行時のスピードのアベレージが高くなった。
・とにかくストリートで注目を浴びる。
・むしろ、日常のストリート走行時の何気ないところ(段差など)でスムースさを実感できる。
・「オーリンズを装着している」という満足感を得られる。

まずはセッティングから

バイクの愛好者ならセッティングの重要性は今さら言うまでもないはず。

愛車の性能を十二分に発揮させるには不可欠なことです。特にサスペンションの調整は大切です。

サスペンションは車体を支えるポジションにあり、路面から受ける衝撃を吸収緩和する役割があります。コーナリングからの立ち上がりや路面へのタイヤの安定性、ひいてはコントロール精度にまで影響を及ぼします。
純正品のサスペンションのセッティングの際に、「もう少し細かく調整できたら」と限界を感じるようであれば、思い切ってオーリンズのフロントフォークに交換してみることをおすすめします。

細かい調整を重ねるほどに、自分だけのバイクとして改善されていくのが手に取るようにわかるはずですよ!

OHLINS(オーリンズ)バイクパーツ特集も要チェック!!
オーリンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事