このエントリーをはてなブックマークに追加

オーリンズのスプリングで手軽にカスタマイズを

オーリンズ スプリング

オーリンズ
オーリンズと言えばスプリングも人気です!

「オーリンズに交換した」と聞けば、ほとんどの人がフロントフォークの交換を思い浮かべるでしょうが、チューブ内部のスプリングのみを交換するケースもよく見られます。
外見は純正フロントフォークのままでも、実はそのストロークをコントロールしているのはオーリンズのスプリングだということですね。

つまり、フロントフォークはそのままでいながら、そのポテンシャルを引き上げることが可能となります。
このカスタマイズは、フロントフォークを交換するほど乗りこなしてはいないけれど、気軽に走行性の違いを楽しんでみたい、といったライダーにも好評です。

オーリンズのスプリングを上手に利用することで、最低限の手間だけでフロントフォークの性能を伸ばすことができます。

各メーカー車種別の専用設計

オーリンズのフロントフォークスプリングは車種別の適合機種が定められています。
以下のような車種が代表的です。

  • ホンダ
  • カワサキ
  • スズキ
  • ヤマハ
  • BMW etc…

ヨーロッパのバイクメーカーの車種にわたり、いずれも分析・テストを繰り返した結果、最適なスプリングレートが設定されています。
これは一見すると汎用性に乏しいように思えるかもしれませんが、実際は特に難しい手間をかけずとも、愛車のフロントフォークのポテンシャルを最大限に発揮できるというアドバンテージがあります。

シングルレートの特性

多くの車両に搭載されているスプリングがダブルレートであるところ、オーリンズのフロントフォークスプリングはシングルレートを採用しています。

一般にダブルレートのスプリングは、荷重の大小をそれぞれのレートで吸収する結果、乗り心地が良くなるという特性があるとされています!
一方、シングルレートは常に一定の強さでスプリングが反発するため、ライダーは動きを把握しやすくなります。セッティングも容易になり、フォークフルードの粘度による走行性の変化も感じ取ることができます。

また、無駄なプリロードをかけることもないため、フィーリングがよりリニアなものとなります。

スプリングの素材

スプリングには高級素材を使用することで、伸縮劣化に強くなっています。

また、表面には鏡面加工を施しています。スプリングはインナーチューブ内部で伸縮する際に、どうしてもチューブ内壁面と接触することになりますが、鏡面加工をすることによってその抵抗を可能な限り小さくしました。
その結果がバイクの走行性の向上につながります。

シングルレートの特性と相まって、路面の状態とインナーチューブ内のストローク状況が、操作するライダーに的確に伝わることになるのです。

専用のフロントフォークフルード

オーリンズのフロントフォークスプリングを装着する際には、フロントフォークフルードも同時にご使用ください。

フロントフォークの役割は単にサスペンションとしてだけではなく、安定したハンドリングのコントロールも含まれます。そのためフロントフォークフルードには、減衰力を安定して維持する、メタル表面の潤滑を保つ、内部温度の上昇を抑制する、といった性能が要求されます。

オーリンズでは長年の研究の結果、これらを満たすオリジナルのフォークフルードを開発するにいたりました。
また、キャビテーションの発生を抑制するという特性もありますので、定評あるTTX機構(ツインチューブ)の能力を100%発揮させることができます!

オーリンズのフォークフルードは、フロントフォークのタイプ別にオイルグレードを選択できますので、先に述べたシングルレートスプリングの特性がここでも活かされることになります。
もちろん、ひととおりの車両メーカーや車種に対応できるラインアップとなっています。

他のバイクパーツもチェックしたいなら、OHLINS(オーリンズ)バイクパーツ特集も要チェック!!
オーリンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事