このエントリーをはてなブックマークに追加

GIVIの人気のアイテム!E370 とは?

givi e370

数あるGIVIのトップケースラインアップの中でも、常に人気なのがE370です。多くのライダーにとってトップケースの購入を考える場合、最初にあがる候補のうちの1つではないでしょうか。
今回はGIVI E370の人気の秘密をひも解いていくことにしましょう。

GIVI E370が人気の理由1 ちょうどいいサイズ

型名は370ですが、商品仕様としては39リットルの容量があります。
GIVIのトップケースの容量としてはラインアップでも中間くらいの位置付けでしょうか。必要な容量は人それぞれ異なってきますが、370リットルというのがわりと平均的に需要を満たすようです。

E370を初めて手にした時の第一印象が「大きすぎる・・・」。皆さんそう思われるようですが、実際にセットしてみると、意外やピッタリ違和感がないんですね。

小さすぎず大きすぎず、多くのライダーが言うように「ちょっとした1泊程度のツーリングならじゅうぶん」なサイズです。まずは「ヘルメット1個+レインウェア」収納を最低条件とする場合には最適なチョイスとなります。メッセンジャーバッグを収納する人も多いようです。(収納目安はヘルメット2個となっていますが、あくまでも目安としておいてください)汎用ベースに取り付けるタイプなので、用途に応じて他の容量のものと取り換えが簡単です。
ひとつだけご注意を。E370はスクエアではなくラウンドのフォルムですが、実際のところ箱などの四角いものを収納するにはちょっと効率が悪いですね。このあたりの実用性を重視される場合は、たとえばB37などがおすすめです。収納部の形状が比較的四角くなっていますので荷物の整理がしやすいです。

E370はその代りに、転倒時の安全性が向上するものとお考えください。

GIVI E370が人気の理由2 ロック機能

E370はワンタッチでベースに装着できますが、ボタンを押してロックを解除しない限り外れることはありません。蓋を閉めてキーを回すとロックされますが、同時にベースから取り外すこともできなくなります。
取り外しが簡単なのも高ポイントです。これ結構重要ですね。

使用しないときは外して自宅に保管できますので、盗難の心配がありません。

GIVI E370が人気の理由3 豊富なカラバリ

GIVIプロダクトのどれもがそうですが、E370はイタリアンデザインのスタイリッシュなフォルムはもちろん、美しいカラーも魅力です。

中でもE370のカラーバリエーションはこの手の商品にしては多い方で、ブラック、パールホワイト、シルバー、ブルーとそろっています。
やはり基本は車体と同系のカラーを選ぶのがよいでしょう。カラーにこだわらない、あるいは、どのカラーにしようか迷った時はパールホワイトをおすすめします。夜間走行時など、視認性も期待できますので。

GIVI E370が人気の理由4 自分だけのカラー

E370にはほかに「未塗装ブラック」というのもあります。

文字どおりペイント加工されておらず、表面もザラザラのままです。その分お値段もお安めとなっています。
このタイプの魅力は自分だけのカラーリングができること。
塗装の際は、スプレー塗料は安ものはダマになりやすいので使わない方がよいですね。10分程度間をあけて数回にわたって重ね塗りをするとよいです。
あえてザラザラ感を残したいということで、ペイントせずにそのまま使われるケースも多いです。

結局のところ1番の魅力は?

さて、どれもこれも魅力的な特徴には違いないんですが、正直なところ今ひとつ決定打に欠けますね。
ほかのGIVIトップケースや他社製品にも同じような特徴があったりします。
なぜGIVIなのか?については「信頼のブランドだから」というのは分かりますが、なぜE370なのか?E370にあって他にはないものって?

ひときわ異彩を放つこのフェイスは、ひと目見て「E370だ」。これで決まりでしょう。

そして、そんなGIVIのバイクパーツを、スパイラルスピナーが特集しました!
興味のある方はGIVI(ジビ)バイク用品特集を要チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事