このエントリーをはてなブックマークに追加

オーリンズのステアリングダンパーなら街乗りもOK

オーリンズ ステアリングダンパー

皆さんの愛車にはステアリングダンパーは装備されていますでしょうか。

ステアリングダンパーの効果の是非についてはライダーの間でも意見が分かれるところでして、ハンドリングが重くなるからといって敬遠されるむきもあるようです。
そんな中でもオーリンズのステアリングダンパーは常に高い人気を得ています。見た目がかっこいいからという理由で付けている人もいるくらいですが、実際はどういったところが評価されているのか気になります。
今回はオーリンズのステアリングダンパーの魅力をお届けします!

ステアリングダンパーの働き

そもそもステアリングダンパーって何のためにあるのでしょうか。

英語で書くと「STEERING DAMPER」となり、「STEER=舵を取る、操縦する」と「DAMP=弱める」 車体が路面から受ける衝撃を緩和して、ハンドル操作を安定させるためのものです。

走行時のバイクの操作性を安定させるためのもので、サスペンションが路面の凹凸によるタイヤの上下の動き(揺れ)に対応するのに、ステアリングダンパーは油圧制御でハンドルの横方向の動きに働きます。

たとえばサーキットのコーナリングにおいては、いったんブレーキをかけながらコーナーに入り、次いで立ち上がりの際にアクセルを開きますが、えてしてハンドルがグラつきがちです。こんな時にステアリングダンパーの効果が発揮されます。

ステアリングダンパーによる弊害

いいことづくめのようなステアリングダンパーですが、実はシチュエーションによっては逆効果となることもあるんです。

バイクがカーブを曲がるときは、横方向(外側)の遠心力と下方向への重力とのバランスをとるために車体がバンク(傾く)します。この時に、バンクに追随するようなかたちでハンドルが自然に切れていきますが、これをセルフステアといいます。(走行中でなくとも、たとえば車体を手で押し進めるときに、少し傾けるだけでも確認することができます)

この際、ハンドルはガチガチに握るのではなく、なるべくセルフステアにまかせて自然とカーブを曲がるようにするのが理想なのです。
しかしステアリングダンパーを装着しているとどうしても油圧抵抗が生じますので、スムースにハンドルを切り返すことが難しくなることがあります。ハンドルの動きが重くなるんですね。
そのため、車種によっては急な車線変更や障害物の回避が難しくなります。

また、低速で走行している時の旋回や押して歩く際も同様です。

オーリンズのステアリングダンパーの特徴

オーリンズのステアリングダンパーの最大の特徴は、ステアリングダンパー本来の性能は維持しつつ、上記の問題を解消できる点にあるといえるでしょう。

ユーザーの皆さんが「初期作動の段階からスムース」と一様におっしゃるように、その効果は設置してすぐに確認できます。
急激にハンドルを切ると瞬時に油圧抵抗が生じます。純正品ですと、通常時からハンドルが重いところにさらに重さが増したりしますが、オーリンズ製なら装着していることを忘れるようなハンドリングを楽しめます。
このため、ステアリングダンパーを初めて装着する場合よりも、ノーマル装備のステアリングダンパーをオーリンズ製に交換した時の方が、よりその素晴らしさを実感できるかも知れません。

16段階のダンピングアジャスター

その秘密がこれです。走行時のステアリングダンパーのストローク範囲はわずか7mm前後だということですが、その中で実に16段階にわたってダンピングの強弱を調整できます。

オンロードにおいては、高速道路では強く、ストリートでは標準、コーナリングの多いところではセルフステアを活かすために弱く、といったように走路によってセッティングが可能となります。
逆に言いますと、たとえオーリンズのステアリングダンパーといえども、こまめな調整をしないでは望む効果が得られないということになります。

オーリンズのステアリングダンパーは積極利用すべし!

あくまでも一般論ですが、標準装備されている純正のステアリングダンパーは、完成車体の一部であるため、どうしてもコスト内に納めるということが重視されます。

そのため、ある一定の性能さえ満たしておけばよいということになります。
対して社外品はライダーが任意に選ぶパーツであることから、クオリティを重視できます。その結果はコストに反映されるわけですが、ユーザーは安心や快適さを手にすることができます。
時々「街乗りオンリーにはステアリングダンパーは必要ない」という声を聞きます。

このあたりはちょっと意見の分かれるところでしょうか。「ステアリングダンパーは必要に迫られない限りは装着しないに越したことはない」。
一理あるかもしれません。ですがオーリンズ製のステアリングダンパーなら、普段は装着していることを意識させないでいて、ここというときに力を発揮してくれます。
それなりの価格がしますが、オーバーホールが可能ですから長く使うことができます。やはり積極的に使用する価値大だとおすすめします!

更にオーリンズのバイクパーツをチェックするなら、OHLINS(オーリンズ)バイクパーツ特集も要チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事