このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と簡単?Brembo(ブレンボ)のブレーキパッド交換

noimage

ブレンボのブレーキは剛性と精密なコントロール性能の高さが人気です。とはいえ、ブレーキパッドをディスク(ディスクローター)に押しつけて減速させるという原理には変わりありません。

ブレンボといえどもブレーキパッドは摩耗品で、時期が来れば交換しなくてはなりません。ライダーの皆さんは日ごろから愛車のメンテナンスに余念がないことと思いますが、どうせならブレーキパッドの交換もご自身の手でされてみてはいかがでしょうか。

今回は、ブレンボのブレーキパッドを交換する手順について解説していきます。

ブレーキパッド交換の手順

1)ブレーキキャリパーを外す

キャリパーを車体から外します。キャリパーはボルトで固定されていますので、六角レンチで回します。スパナやモンキレンチでもかまいませんが、六角レンチの方がボルトのヘッド全体に均等に負荷をかけることができます。(車種によっては車体に設置したままでブレーキパッドの交換ができる場合もあります)

2)クリップとピンを抜く

ブレーキパッドはパッドピンでキャリパーに固定されていて、さらにそのパッドピンはRクリップで固定されています。

まずはRクリップを抜き取ります。ラジオペンチなど先の細い工具があればやりやすいでしょう。(このクリップはちょうど髪にとめるピンのようなものですが、左右対称形ではなく、引っ掛かりで固定できるよう、片側に曲げがつけられています。アルファベットの「R」を連想させることからRクリップと呼ばれています)

次にパッドピンですが、ペンチなどでも抜きとれない場合はキャリパーを損傷しない程度にハンマーで叩いてやれば押し出すことができます。Rクリップは見失いやすいので抜き取ったパッドピンに仮留めしておくとよいでしょう。

3)ブレーキパッドを引き抜く

あとはブレーキパッドを引き抜くだけです。パッドは当然ながら真っ黒になっています。

4)キャリパーをクリーニング

ついでにキャリパーのクリーニングもしておきましょう。パッドと同様に、キャリパーの内側も黒く汚れていることと思いますが、これはブレーキダストといってブレーキパッドが摩擦した際に生じる「削りかす」のようなものです。

そのままでも実用上障害とはなりませんが、きれいにしておくに越したことはありません。ブレーキクリーナー等のケミカル溶剤を使いますが、台所用の中性洗剤とナイロンブラシである程度の汚れを落とすことができます。完了後はしっかりと乾燥させることが大切です。

5)ピストンを戻す

ブレーキキャリパーの内部機構の話になりますが、そもそもブレーキパッドが摩耗するのもピストンがパッドを押し出しているからです。ブレーキパッドが摩耗して薄くなるということは、それだけピストンが伸びるということでもあり、交換時にはその伸びが最大になっているわけですね。

ブレーキパッドが新品になって厚みが増えると、ピストンがそのままの状態では納まらなくなってしまうため、いったんリセットしてやる必要があるのです。手で押しても戻すことができなければ、スパナなどの板状の工具を引っ掛けてテコの原理で押し込んでみましょう。

ブレーキパッドの交換は全体にやさしいものですが、ここだけは少し手間取るかもしれません。どうしてもうまくいかない場合のために、ピストン戻し専用の工具も市販されています。

6)パッドをセットしてキャリパーを戻す

新品のパッドをセットしたら、外した時の要領にならってパッドピンとRクリップを取り付けます。ここでもピンの挿入に手こずるようであればハンマーを利用します。ボルトでキャリパーを固定したら装着完了です。

7)ピストンを出す

ですが、このままの状態ではブレーキを効かせることができません。ブレーキパッドとディスクの間が離れたままだからです。ブレーキレバーを数回握ることでピストンを出すことができます。握りに抵抗を感じるようになれば完了です。

ブレーキパッドは早目に交換しましょう

一般にブレーキパッドの厚みは10mmあれば安心(新品)、5mmで注意、2mmになったら要交換となっています。キャリパーによっては2mm以下になると警告のために「キーキー」とかなり耳障りな金属的なノイズを発生させるものもあります。

また、走行状況やライダーの癖などで交換時期は変わります。たとえ走行距離が少なくても、長年の間に経年劣化を起こすこともあるので、ギリギリまで使いつくすということは避けた方が無難です。

気になったら、思い切って交換してしまうというのもひとつの手です。マシンのメンテナンスが行えると同時に、大きな安心感を得られます。スパイラルスピナーではブレンボのブレーキパッドを多数取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

Brembo(ブレンボ)バイクパーツ特集も要チェック!!

ブレンボ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事